元ニート(歴6年)の36歳男がセミリタイアを目指す

ぶっちゃけ無理だろなって思ってる

将来的には解雇されるかも

前回の出社日に「株主総会の資料と議事録を見せてくれ」という意見が出て、社長が資料と議事録を送って来ました。

株主総会の内容

報告資料を見たのですが、
「業務委託を切られて売上がー」
クラウドファンディングで投資を募るー」
など、いつも言ってることなので特に新しい情報はありませんでした。


しかし議事録の方ではかなり厳しい話が出ていました。現状を知っている社内の出資者はほとんど出席すらしていないのですが、外部の出資者からいろいろ質問が出たようです。


その中でも私が一番気になった質問がこちら⇩
外部の出資者:クラウドファンディングなどの金策が失敗した場合、倒産する可能性が高くなると思うが、社長として何か対策を考えているのか

社長:事務所の賃貸を止める。社員を解雇するなどいろいろ考えている。解雇すると政府の補助金の対象から外れるため、慎重に検討する


突っ込まれて苦し紛れに出てきた言葉かもしれませんが、今まで解雇の単語を出すことがなかったのでちょっと衝撃でした。

解雇ダービー

もし解雇するなら誰になるんだろう?私が勝手に予想するとこんな感じになります。
本命:私
対抗:事務の人
穴:社長と折り合いが悪い社員


大本命です。最大の理由は代わりの人員がいることです。

ソフトウェア担当の社員はもう一人いて、その人は私の上位互換的な存在です。今は組み込みの仕事を担当していますが、ちょっと説明すれば私の出来ることはおそらく全部出来るはずです。

それに、もし逆にその人を解雇するから私に残ってほしいなんて言われたら即逃げます。

その人は今でも休業できずに毎日出社しているし、組み込みの開発で問題が発生した時にはマイコンの製造元の外国企業と英語でやり取りをして解決しています。私には絶対ムリです。

  • 事務の人

出産と引っ越しにより、リモートワークで給与計算などの事務をしています。しかし遠方にいるため、役所に行かないと出来ない業務などは社長がやらないといけない。なのであまり会社に貢献できていないという理由からです。

社長も「近くに住んでいる人じゃないと不便だね」ってたまに愚痴っています。

しかしこの方への給料は最低賃金くらいしか払ってないらしいですし、解雇してしまうと社長にすべての負担が行くことになるので私よりは低い確率だと思います。

  • 社長と折り合いが悪い社員

お互いよく衝突しています。このブログでも何度かネタにしました。しかし彼には機構設計という社内で唯一のスキルがあるので確率は低いと思います。

今は補助金目当てに試作品を作る仕事ばっかりなので出番は少ないですが、まともな製品を作って会社を発展させる気なら絶対に必要な存在だと思います。

直接言われたらショックを受けるかも

ぶっちゃけ今すぐ解雇してもらっても構わないという気はします。解雇予告手当を貰って、失業保険を150日貰いつつ転職活動をする、それでも良いなと思います。

しかし実際に面と向かって「あなたが一番存在価値が低いから解雇します」って言われたら相当傷つくんだろうなあ。