元ニート(歴6年)の36歳男がセミリタイアを目指す

ぶっちゃけ無理だろなって思ってる

【阿武町4630万円誤送金事件】国家対個人 個人対個人の違い

国家対個人

山口県阿武町から誤って振り込まれた4630万円の給付金を猫ばばしようとした事件です。

当初は誤送金された田口氏が開き直ったので、「手の打ちようがない」とか言われていましたが、警察が動いて電子計算機使用詐欺罪と言う良くわからない罪状で逮捕されました。

この罪状が適用できるのか怪しいという意見もありますが、税金をちょろまかすやつを見逃す訳にはいかないというプライドがあるのでしょう。
news.yahoo.co.jp


逮捕された田口氏は「全部オンラインカジノに使った」と言って開き直っていましたが、決済代行業者が3500万円を返還したそうです。
www3.nhk.or.jp


本人はカジノに使ったと言っているのに何故返す金があったのか(隠していたのを業者が動かした?)。オンラインカジノ業者ではなく決済代行業者が返すのは何故なのか。

疑問だらけですが、グレーな業界ですから「金を返すからあまり深く探らないでください」という意思表示でしょうか。


このように国家対個人では力の差が圧倒的なので、周りが全部敵になってあっさり潰されました。

個人対個人

これが個人対個人だとそうは行かない。うちの社長が行った「給料を払わない」というのも悪質な犯罪だと思うのですが、現状は自力救済か相手の善意に頼るしかない。

・労基に訴える
労基から社長へ何度か電話して終わり。

・裁判を起こす
和解を促されて適当な条件で和解して終わり。そして和解条件は破られました。破られたら自費で差し押さえの手続きをしないといけない。


労働基準監督署は逮捕権を持っているのだから逮捕しても良いはずです。しかし電話で「払いましょうよ」って言って終わり。

今回は社長に良心が残っていたので未払い給与が帰ってきましたが、完全な悪人だったら詰んでいました。



個人間の金の貸し借りも似たようなものでしょうから、絶対にやりたくないです。

まあそれを言ったら株も安心はできませんけどね。グレイステクノロジーとかありましたし。

なるべく避けたいなら、主要指標に採用される大企業が投資対象かつ総資産額の大きな投資信託に投資しなさいといった感じでしょうか。