元ニート(歴6年)の36歳男がセミリタイアを目指す

ぶっちゃけ無理だろなって思ってる

久しぶりに出社

久しぶりに出社してきました、今月2回目の出勤です。半日だけですが。

9時から会議して、勤務表提出して、その後暇だからブログ書いて終わり。会議の内容は以下の通り。

  • 業務委託元へ手付金の返済について
  • 今営業をかけている案件について
  • 2月も業務委託の案件を続けていた理由の説明
  • 今週も休業
業務委託元へ手付金の返済について

手付金の1/3を返済することに決まった。もう全部使っちゃってるので、今後の返済スケジュールを両社で決めていくらしい。

今営業をかけている案件について

何の仕事もない状況なので、社長が色々営業をかけている。その案件の説明。

他の社員は会社を存続させようと色々発言していました。
「その案件は見込みが無さそう。見込みのある案件を優先して、何とか仕事を取って食いつないで行きたい」

私は「休業終わって欲しくない!何も取れないでくれ!」と思っているクズです。

2月も業務委託の案件を続けていた理由の説明

初手から社長がキレ気味でした。

どうやらSlackで指摘されたときの言い方が気に食わなかったらしい。

ブログでは指摘内容を「どうしてまだ作業しているんですか?」とだけ書いていましたが実際にはかなりきつい言い方をしています。
motoneet36.hatenablog.com
↑の記事の実際の発言:
「うちは1月で切られたのにも関わらず、なんで外注にはまだお金を払っているんですか?意味不明です。」
「どこからお金が出ているんですか?社長のポケットからですか?そうじゃないと納得できません」

こんな感じです。これに腹が立っていたようで、


社長:
「これから説明しますけど、納得できないならどうするんですか?言ってください」


指摘した社員:
「別に何もしませんよ。ただ会社がこんな状況なのに、外注に作業を続けさせていることに納得出来なかったからそう発言したんです」

もう空気が悪い。


その後社長から理由の説明:

・ 外注先のアピール
付き合いが長く~、支払いが遅れても関係を続けてくれる~、相場よりもかなり安い値段で引き受けてくれた~

・契約内容の問題
委託元⇒うち:委託元の都合ででいつでも切られる
うち⇒外注先:契約にそのような条件をつけていなかった。2月で契約終了で納得してもらった

・外注からの納品物のチェックに社長一人では無理だったので50代こどおじさんに手伝ってもらっていた


こんな感じの説明でした。ただこのあとサイコパスな発言が出てきてちょっと引きました。
社長:
「こんな時、○○さんがいてくれたらなー。すぐにチェックしてくれるのに」


この○○さんというのは辞めた人で、まだ給料を払ってもらえてない人です。確かにこの人は優秀でした。

この社員がいてくれたらなーって、あんたが追い出したようなもんでしょって突っ込みたい。
motoneet36.hatenablog.com

パソコンが重くて勤務表を作成できない

久々に出勤するとWindows10のアップデートが溜まっていてずーっとHDDの使用率が100%に張り付いています。

2日しか出勤してない勤務表を作るのに20分掛かりました。もうこのパソコンに触りたくない。

そして午前の出勤が終わってもまだアップデートが終わっていません。知らん顔して電源落とさずに帰ります。